カテゴリー
未分類

薬剤師が薬歴を書く目的を再確認しておこう

「薬剤管理指導記録」
「炊く歴」
どうして薬剤師が毎回書かなくてはいけないの?
「薬剤管理指導記録」「薬歴」を書くのはとても面倒くさいので、そう不満を持っている薬剤足もいることでしょう。

しかは他の薬剤師やスタッフや患者さんもよく場合があるのです。
「薬剤管理指導記録」「薬歴」は診療報酬請求の根拠となる物であり、不備があれば返還をm、お止められることもありあmす。
また恣意的な未掲載事実とは異なる記載
記録の改ざんや削除
これらは犯罪行為ともなるのです。

診療報酬を請求しないからと記録を記載しない宇のhじゃ医療行為や薬学的判断が行われなかったものとみなされるのとともに、医療機関としては恥ずべき行為でもあります。

「薬剤管理指導記録」「薬歴」はチーム医療のための許攸される記録や情報です。
医療の市うtの向上・安全の確保
その辞めには薬剤費がきちんと服用歴や副作用歴、その他薬物療法に関する必要な情報を、他の薬剤師だけでなく他職種との情報共有も重要でし。
ですから
・「AAA」「ADM」など省略用語での記載や「やっぱり」:「じゃない」などの話し言葉は用いることは避けましょう。
きとんと「腹部大動脈溜」「アドイレアマイkシン」と記載左飛
「やはり」「ではない」など書き言葉で記載するべきです。

他の薬剤足や他職種の方や患者自身も読むことがある場合に備えて、簡潔で分かりやすい文章でなくてはいけません。
また重要なのは「事実」と「主観」を混同しないようにすることです。

最近ではパソコンでデジタルで記録を残すことが増えてきましたが、手書きの場合は丁寧な字で書くようにしましょう。

服薬指導や他職種との相談内容などは遅滞なく記載しましょう。
また他の医療従事者や他職種の方の悪口ともとれるような記載は避けるようにしましょう。
また患者さんの個人情報でも
「がんこ」「話が通じない」「子地r田の利く耳を持たない」
などと書かれていることがその患者さんが知ったとしたら・・・
それこそどうなるかは想像ができることでしょう。
薬剤師 転職 育休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です