カテゴリー
未分類

腕時計「腕に映えるサイズはどれ?」ビッグ?レギュラー?ボーイズ?

腕時計を選ぶ時にデザインやカラーも大事ですがそのサイズもとても重要です。
その腕時計の個性を表現するのサイズ感ボリューム感は需要要素
でも自分の腕に映える最適サイズの腕時計選びは意外と難しいものです。

カタログに記載されている「ケース径」
それはずばり添いの腕時計のケースの直径です。
その大きさは用途や目的によっても変わってきますがここでは大きく3種類に分けてみます。
よく腕時計のサイズで表現されるのが
①ビッグサイズ
②レギュラーサイズ
③ボーイズサイズ
です。
そのケースサイズ自体はわずか数ミリの違いなのですが、これが大きな印象の違いを与えます。
実際に腕に着用してみるとその差は歴然です。
ひとつの目安としてはカジュアルやスポーティーさをアピールするならやや大きめの差叔父
ドレッシーさやフォーマル感を出すにはやや小さめ
が基本です。
つい最近までは大きめのケースサイズが便機でした。
しかし今は少し元に戻ってレギュラーサイズが人気のようにも感じます。

腕時計の最ぞ選びでは自分の体格やファッションで選びましょう。
総合的にコーディネートすることで腕時計のケースサイズやさらにその素材も変わります。
皮ベルトとブレスでは
かなり印象も異なります。
その腕時計を使う用途や状況も考えましょう。

今人気のビッグサイズはなんと42mm~46mmもあります。
しかし、昔と違ってただ大きいのではなくフィット性もよく考えられていますから、
「私は腕が細いから」
という先入観は持たずにし試着してみてください。

意外と「映える」ことに気づくかもしれません。

ただやはりフォーマルな場ではあまりビッグサイズだと目立って浮いてしまいます。
今は腕時計も
ファッションでつける時代です。
そのシチュエーションや用途に応じて、腕時計は何個か持っておきたいものです。
普段使いの腕時計
フォーマルな場所で身につける腕時計
最低2つくらいは持っておきたいですね。
なにか自分にご褒美をあげたい時にはぜひ自分に似合う腕時計を買うのはいかがでしょうか?
ロレックス 止まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です