カテゴリー
未分類

光通信回線の工事の辛い体験

光通信回線の工事は、たくさんのお客様宅に出向いて作業する工事なので、工事中のトラブルやめんどうなこともお客様に関連することがほとんどです。

お客様とケンカをした経験はありませんけれども、あまりに度がすぎた応対についつい「あなただけでやれ!」と叫びたくなった工事の体験談なんです。

その日は、まだ8月の中頃の工事でものすごく暑い日の工事でありました。自分自身は、いつもみたいに他の工事員と2人で光通信回線の工事をしに、問題となるお客様宅に足を運びました。

工事のお伺い前には、100パーセント開始するにあたり「これから訪問します。」という事前連絡を入れることになりますが、ほとんどのケースではこの電話の時に、お客様の世代や性格がわかるようになります。おとなしい方なのか、人を見下したような態度を取る方なのか見極め、工事中の言葉使いをかえてみたりとか、出来るかぎりお客様にちょうど良い応対の仕方に気を付けてます。

事前連絡の時に、40才台の男の人で、ちょこっと個性の強い方だよなあとは感じていたのですが、その直感はズバリ言うとぴったり合っていたんです。

工事そのものは、インターネットと光電話だけの工事で、現時点で使用していらっしゃるADSL回線からの乗り換えで、電話番号も番号ポータビリティを活用して引き継ぐ申し込み内容だったのです。

お客様宅に訪問して、おおまかな工事内容をお伝えして、電線から光ファイバーケーブルを建築物に留めて、配管を活用して室内に引き入れました。この段階で、日差しが強い日だったことが理由で、わたくしたち工事員は汗だくだったんですけれど、お客様と奥さまは扇風機をかけて、アイスティーでも飲んで涼しげにしていたのです。

私たちのコンディションを目にして、奥さまが「エアーコンディショナーを付けましょうか」とご主人に確かめたところ、

「いらんやろ。」と一蹴されました。

丁度、原発事故等で電気料金のエネルギー削減の時期だったことが理由で、節電のためであったという見方もできますが、なかなかに気の利かない方だと自分自身は思わざるを得ませんでした。奥さまが気の毒そうにわたくしたちを目にしていたのが忘れることができません。

DTI光 キャンペーン

カテゴリー
未分類

腰痛に効くベッドの選び方

安静を保つために寝ているのに、腰痛が楽になるどころか悪化しているというような人は、ひょっとしたらベッドやマットレスが不向きということかも。

眠っている間に腰部が癒されないと、もちろん、昼間に休まるわけもなく、何年続けても腰痛が楽にならないどうしようもない状態になってしまいます。
睡眠を取ることで腰が休まって、日中の間に活力いっぱい行動したいものですよね。

そういうわけでこのページでは、腰にダメージを与えないベッド・マットレスの選び方を案内したいと思います。

私自身は医療関係者じゃありませんから、腰が楽になる「処置」は不可能ですが、いくらかでも腰にストレスを掛けない家具の選び方を案内します。
睡眠をとるというのは休めることなので、腰も楽になったらうれしいものですよね。
それでも腰痛がいい方向に向かわないケースは、ベッドがフィットしていないか不向きの可能性が高いということになります。

フィットするとかフィットしないは個人個人により差が大きいものの、相応しいかどうかはすべての人にとって同じことが当てはまります。

だったら相応しくないベッドを使用するとどういう理由で腰が休まらないのでしょうか。
単純に考えると下記の2つだと考えられます。

悪影響を及ぼす寝姿勢によって血液の循環が悪くなっている
腰部の筋肉が休まっていない。

答えを先に言いますと、フニャフニャのマットレスは腰へのストレスが大きくなります。
原因は意外とシンプルで、重い腰周りが沈んで前屈みのようになって、寝姿勢がおかしくなるからです。

表面は筋肉を休めるため重量を分散できるクッション性を持って、全体を通じては沈み込まない硬さがある。
こういったマットレスだったら、腰に痛みが発生する2つの原因をかき消すことができます。
重量の多いお尻や肩が沈んでいるのにもかかわらず背中はストレートで、その上全体を通して沈み込んでいないですよね。
こういった寝姿勢になるようなマットレスが腰にやさしく、申し分ありません。

雲のやすらぎプレミアム シングル 分割払い